みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
今日はHomepageにお越しくださり
ありがとうございました。

Produced by Yoiko's Animations





お 月 見

旧暦九月十三日は十三夜といいます。十三夜は旧暦八月十五目の中秋の名月に対して、のちの月とよばれます。八月十五夜を芋名月というのに対して、九月十三夜の方は豆名月といいます。「片見月はするものではない」という言い伝えもあって月見が二度行われます。
中秋の名月には、庭先に涼み台という縁台を出してその上に小さな机などを置き、月見の団子やプドウ、スイカ、モモなど、この時期の果物をお供えし、ススキや秋の草花を立てて月見を楽しみました。香川県の綾上町辺りでは毎月お月さんが出るころ、豆腐をお皿に入れてお月さまにお供えしていました。
九月の十三夜には、田んぼで秋豆が実を付けるころで、豆や団子、イモなど丸いものをお盆に盛って供えます。これをマルモンゾロエといいます。大豆は田んぼのあぜで育てるのでこれをアゼマメとよぴまずが、旧暦九月十三日にちぎるので十三夜豆ともいいます。これを塩ゆでにして食べていました。今では枝豆といって、大人が酒のさかなにもしています。
また、この十三日の晩だけはアゼマメを取って食べてもしかられないという言い伝えもあります。それは昔、月の神さまにお供えするものはだれの畑の作物を取って供えてもよろしいという時代があったからだと思われます。他人が作っている豆でも神さまに供えるのなら、取ってもよいし、しかられることはない時代があったのでしょう。十五夜の供え物に限って子供のいたずらが許されたという古い考えがあったのです。
十五日や十三日は月が丸くなるころで、昔はこの日に祭りをしたり、これを境にして農作業をする大切な日だったのです。今のように一般の農家に暦のなかった時代には、こうして月の満ち欠けによって暦を考えていました。現代のように太陽による暦が普及した時代には想像できないほど、月に対する関心は強かったのです。
(香川民俗学会・谷原博信氏/四国新聞より)