七 草 が ゆ 
−万病防ぐ元気のもと−


今年、みなさんは七草がゆを食べられましたか。
「七草なずな唐土(とうど)の鳥が日本の土地に渡らぬ先に」
ひと昔前までは、こんなはやしの声に混じって、トントンと七草を刻む軽やかな音が台所から聞こえていたそうです。
七日は七草がゆの日。この日には唐土(中国)の鬼車鳥(きしゃどり)という悪い鳥が日本に渡って来て災いをもたらすという言い伝えがあり、はやして打ち払うのです。これを「なずな打つ」とか「七草打つ」といいます。もともとは、この日を人日(じんじつ)の節句(五節句の一つで、人間を大切にする日)とした中国の風習で、七種類の若草を食すると長寿がかなうとされていたことが起源とか。
七草をまな板にのせ、包丁の背でたたいて刻む。それを真っ白いおかゆの中に入れて炊きあげると、ほんのりと緑がにじんで、おいしそうな七草がゆの出来上がりです。七草がゆを食べることによって、邪気(病気をひきおこす外の空気)を払い、万病を防ぐことができるというわけです。
七草とはセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ(カプ)・スズシロ(ダイコン)すべて野にあるもの。春の七草は以上の通りですが、秋の七草というのもあります。
ナズナは花のあとに三味線のばちのような三角形の実がつくので「三味線草」「ペンペン草」とも言います。ハコベはヒヨコやウサギのえさに利用され、「へズリ」などとも呼ばれています。ゴギョウは母子草(ははこぐさ)です。七草がそろわないときは青菜で代用したり、おかゆの代わりに雑炊をたく家もあるそうです。土地によっては、この日を七草正月といって農作業なども休むとか。
七草がゆを祝うのは田の神への感謝とともに、この季節に不足しがちな栄養を補うという、昔の人の生活の知恵。寒さで家にこもりがちな人々を、七草摘みに戸外へ誘い出す意味もあるのでしょう。
今では、七章を耕培してスーパーなどで売っていますね。しかし野に出て、枯れ草の間に緑をのぞかせている七草を探すのは、意外と楽しいもの。寒風に負けず、小さな植物が芽ぶいているのを見ると、新しい年への希望がわいてくるようですね。すばらしい日本の文化習俗は後世までも伝えていきたいものです。

(参考=四国新聞1999/01/10 ふるさと研究会・武田幸栄氏)