再生ボタンを押すと、鐘を鳴らすことができます。
(再生プラグインのため「はい」を選択してください)
この鐘の音は、妙法寺本堂の打鐘を録音しました。



除夜の鐘

大みそかと言えば、年越しそばと紅白歌合戦と除夜の鐘。讃岐香川では年越しうどんも盛んです。
除夜とは大みそかの12月31日の夜のことです。起源は中国で、節分や冬至の前夜をさした言葉でしたが、いつのころからか旧年を除き切って、新年を迎えると意味になりました。
除夜の鐘はその夜半(正十二時)を期して寺々で撞かれる108の鐘。年内に107を撞き、残り一つを新年なって撞くのです。
この108とは人間の持つ煩悩の数です。煩悩(ぼんのう)とは「心を乱し、苦しめるもの」の総称。百八煩悩は、貪・瞋・癡・見・疑・慢の6つの根本的煩悩を様々な観点から分類したもので、特に貪・瞋・癡(とん・じん・ち)は仏教で三毒(さんどく)と言われます。
貪−貪欲(どんよく)。貪りや執着心。
瞋−瞋恚(しんい)。人や物事に対する嫌悪や忌避。
癡−無明(むみょう)。あらゆる煩悩の根本。
見−誤解。偏見、邪見。
疑−疑惑。疑心。
慢−慢心。うぬぼれ。我慢、増上慢。
百八煩悩を滅したとき、涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)の境地に到達したと言えるのです。

−作成後記−
俗説で、どうして百八煩悩かというのに、四苦八苦、つまり4×9=36と8×9=72の合計が108になるというのがあります。
子煩悩とはよく言ったもので、我が子や孫に対してはどうしてもかわいくてしかたない、甘く見てしまうものなんでしょうネ。
当山には、残念ながら除夜の鐘はありません(半鐘しかないです)。昔、「久米宏のテレビスクランブル」と言う番組で、除夜の鐘を抽選でプレゼントという企画があり、応募したが残念賞でした(^^;)。
それから、12月は旧暦で、師走といいますね。「師走」の師とは、現在では先生と解釈されているようです。先生が東奔西走するから師走。
ところが、実は師というのはお坊さんのことなんです。昔はお盆と同様にお坊さんを家に迎えて先祖供養をしていた。そのため、お坊さんが走るというわけです。また、1年の終わりの月、為果(しは)つ月が師走に転じたという説もあります。

1999.12.19版